京漬物大安の千枚漬・すぐき・しば漬をはじめ
四季折々の旬の漬物を京都から全国へお届けいたします。

ホーム  >  千枚漬

大安の千枚漬

皇居献上品・京都銘品『大安の千枚漬』

伝統京野菜「聖護院かぶら」を 伝統手法の【かんながけ】により2.6个縫好薀ぅ垢靴燭發里髻塩だけで3日間漬込み、 熟成させる伝統手法の【下漬】を経て、 北海道産昆布と京つけもの大安秘伝の調味液で2日間漬け込む、伝統の【本漬】により、 伝統京野菜「聖護院かぶら」本来の甘みと北海道産昆布の旨味が溶け合う絶妙な風味が生まれます。

千枚漬の漬け込み樽1樽で漬け込むスライスした聖護院かぶらの枚数は1800枚〜2100枚、 これは約80個の聖護院かぶらを使用する事になります。

一般的な千枚漬のシーズンは9月から秋冬をまたぎ4月まで、千枚漬の1シーズンでの生産数は年によって異なりますが、約900〜1,000樽、約7万2,000個〜8万個の聖護院かぶらを使います。

また和食ならではの季節感「走り・旬・名残」の楽しみと同様に千枚漬の1シーズン中にも、 きめの細やかさや食感、風味などの違いをお楽しみいただけます。

ご自宅用に、お歳暮やその他のご贈答用に、しば漬・すぐき漬と共に「京都三大漬物」と並び称される京つけもの大安を代表する千枚漬をぜひおもとめください。

千枚漬献上の様子
(昭和38年)

創業1902年(明治35年)
大安の創業者 大角安治郎は、昭和32年黄綬褒章を受賞。このほか社会福祉への貢献によって、紺綬褒章、 昭和33年、36年、39年と数年にわたって飾版を授与されるなど、皇居との関わりを深め昭和38年から毎年、 宮中へ千枚漬を献上するようになりました。この千枚漬の献上は今現在も行われています。

ラインナップ

別樽仕込み千枚漬け

吟味した聖護院かぶらと天然昆布を使って漬け上げました
毎年この季節だけの特別な味わいです。

別樽仕込み千枚漬 140g入

1,080円

別樽仕込み千枚漬 直ES-50

5,400円 送料込み

別樽仕込み千枚漬 直ES-60

6,480円 送料込み

特別千枚漬

漬込み樽

職人の手で一樽ごとに漬けました。

特選千枚漬 漬込み樽 直ES-100 

10,800円

《季節限定商品》
千枚漬 110g入

648円

京都三大漬物
千枚漬 HS-36

3,888円 送料440円

京都三大漬物
千枚漬 HS-50

5,400円 送料440円

京都三大漬物
千枚漬 S-30

3,240円

京都三大漬物
千枚漬 S-50

5,400円

京都三大漬物
千枚漬 S-70

7,560円

京都三大漬物
千枚漬 S-100

10,800円

ご利用ガイド