千枚漬特集

【全 7 件】 並び替え : [ 新着 ] [ 価格 ] [ 商品名 ]

千枚漬 おすすめ商品ラインナップ

皇居献上品・京都銘品『大安の千枚漬』

  • かんながけ

    【かんながけ】

  • 下漬

    【下漬】

  • 本漬

    【本漬】

伝統京野菜「聖護院かぶら」を
伝統手法の【かんながけ】により2.6个縫好薀ぅ垢靴燭發里髻塩だけで3日間漬込み、
熟成させる伝統手法の【下漬】を経て、
北海道産昆布と京つけもの大安秘伝の調味液で2日間漬け込む、伝統の【本漬】により、
伝統京野菜「聖護院かぶら」本来の甘みと北海道産昆布の旨味が溶け合う絶妙な風味が生まれます。

千枚漬の漬け込み樽1樽で漬け込むスライスした聖護院かぶらの枚数は1800枚〜2100枚、
これは約80個の聖護院かぶらを使用する事になります。

一般的な千枚漬のシーズンは9月から秋冬をまたぎ4月まで、千枚漬の1シーズンでの生産数は年によって異なりますが、約900〜1,000樽、約7万2,000個〜8万個の聖護院かぶらを使います。
また和食ならではの季節感「走り・旬・名残」の楽しみと同様に千枚漬の1シーズン中にも、
きめの細やかさや食感、風味などの違いをお楽しみいただけます。

ご自宅用に、お歳暮やその他のご贈答用に、しば漬・すぐき漬と共に「京都三大漬物」と並び称される京つけもの大安を代表する千枚漬をぜひおもとめください。

  • 千枚漬
  • 小さな大安
  • 大阪樟蔭女子大学コラボ商品
  • カブちゃん
  • 逸品
  • 季節

団体のお客様へ

  • 修学旅行専用どぼ漬教室のご案内
  • どぼ漬教室のご案内
  • 団体